人工股関節全置換術・人工膝関節置換術で

ロボット手術を始めました

Mako

最先端 手術支援ロボット「メイコー」

育和会記念病院 人工関節センターはロボット手術を開始しました。
今回導入したのは、人工関節の手術を支援するロボットです。

人工股関節置換術

m_01

股関節は、大腿骨( 太ももの骨) の上端( 骨頭) が骨盤のくぼみ( 臼蓋) にはまり込むような形をしています。衝撃をやわらげ、関節の動きをなめらかにし、傷んだ骨をとり除き、人工の関節( インプラント) に置き換えます。

人工膝関節全置換術

m_02

膝関節は、大腿骨( 太ももの骨) の末端と脛骨( すねの骨) の上端にあります。関節の表面はなめらかな軟骨におおわれていて、傷んだ骨をとり除き、人工の関節( インプラント) に置き換えます。

MIS法(最小侵襲手術)
について

関節への切開(侵襲)が少ない

MIS(最小侵襲手術)法では、8~12cm程度の皮膚切開と、最小限の筋肉や腱などへの切開で手術を行います。筋肉を切る量が少ないので、患者さんの痛みは従来法より少なくなり、回復も従来法より早くなります。

リハビリテーションの
早期開始が可能

手術後のリハビリテーションをより早く開始できるということは、手術後の安静により筋肉が衰えてしまうことを回避でき、より早く退院することが可能になります。

早期退院、早期社会復帰が可能

早ければ10日から2週間で退院することも可能となります。職業をお持ちの方や、長期間の留守ができない方でも、安心して手術が受けられます。

Arthroplasty-Center

Makoシステムの
人工関節置換術

ぶれることなく、
安全かつ正確な手術を可能にします。

現在このロボットは、人工股関節置換術(THA)、人工膝関節置換術(TKA)で使用する医療機器として承認されています。世界では、股関節と膝関節をあわせて累計20万例以上の人工関節置換術でMakoが使われています。

費用負担について

Makoを使用した人工股関節置換術・人工膝関節置換術が、保険適用となりました。

外来受診について

「Mako」を用いた人工股関節置換術、人工膝関節置換術を希望される方は、お問い合わせください。